ApplePayを使ってネットショッピングをする際など、オンラインで決済をする場合に便利な『ApplePay』

VISAカードが使えるようになり、より便利になったのですが、設定をしっかりしておかないとエラーになってしまい決済ができない場合があります。

そこで今回は決済時にエラーにならないようにする方法をお伝えいたします。

請求先住所の設定はしておきましょう

ApplePay wallet

iPhoneの「設定」「WalletとApple Pay」を開く。

登録済みのカード一覧が出るので、設定したいカードを開く

ApplePay 請求先住所

「請求先住所」を開く

請求先住所の設定

「新しい請求先住所を入力」を開く

「住所を手動で入力」を選択

名前や、住所を入力する

請求先住所とは

請求先住所は特別なにか届く等ではなく、ただ請求をする住所を確認するのみとなります。

請求先住所に購入した商品が届く訳ではありません。

基本的には、請求先住所とは別で発送先住所などがあるので、そちらで設定した住所に商品は届きます。

以上、ApplePayを使用する際に知っておかないと決済が出来ない請求先住所の設定方法でした。

ApplePayの登録にはクレジットカードが必要

ApplePayを使いたいという方は、クレジットカードが必要です。以前まではVISAカードがApplePayに対応しておらず、VISAはApplePayで買い物をする事が出来なかったのですが、現在は可能です。

クレジットカードはどこのが良いかわからないという方は、楽天カードがオススメです。アプリでの明細の見易さや、様々なところで使える楽天ポイントが付くのも嬉しいですね。

まだクレジットカード持っていないという方は是非楽天カードを申し込んでみては如何でしょうか。