最近は家のスマートホーム化に励んでいます。

照明はスポットライトを取り入れる為に、天井にダクトレールを取り付け、Philips Hueを設置しています。

スマホからON/OFF・フルカラーで色の変更ができ満足しているのですが、Philips HueはHomeKitに対応しているので、折角ならSiriを使って操作したいなと考えました。

そこで、購入したのがAppleのスマートスピーカー【HomePod mini】

通常、机などに置いて操作をしますが、できる限り部屋に物を置きたくない私は、ダクトレールに吊るそうと考えました。

 

天井に吊るす事でのデメリット

天井に吊るすと、基本的に触れません。

上部の光っている部分をタップ等でボリューム調整や、Siri呼び出しなどを行えますが、これは出来なくなります。

ただ、触ってする操作は全てSiriにお願いできますし、iPhoneでも出来てしまいます。

HomePod miniの再起動ですらiPhoneから行えるので、触る必要はありません。

「Hey Siri!」と呼べば完結です。

吊るす際に使用したもの

ダクトレールに吊るす際に使用したものは、こちら。

ステンレス ラウンドアイ

HomePod miniとリングをつなげる

接着面の大きさが丁度HomePod miniと一致します。

カラビナ

ダクトレールとラウンドアイで吊るす

ダクトレールの太さによりますが、私は下記の商品で設置できました。サイズを間違えると入らなくなってしまうので注意。

超強力両面テープ

ラウンドアイとHomePod miniを接着させる為に使用

常にHomePod miniが下になるので、しっかりと接着させないと落ちてしまいます。

 ダクトレール用コンセント

HomePod miniは常にコンセントへ接続する必要があるのですが、折角吊るしてスリムにしたのにコンセントまでコードが垂れているのは勿体無いので、ダクトレールで全て完結させる為に使用します。

ケーブル結束バンド

こちらも先ほど同様に、綺麗にする為です。HomePod miniのコードが長いので纏めて綺麗に見せます。


これで、スマートスピーカーをよりスマートにさせる事ができます。

また、天井に吊るす事でスピーカーも上からになるので、気持ち音がよく聞こえます。

常に音楽を流して作業しているので、在宅での仕事が捗るようになりました。